1. あ行|保育の用語辞典

保育の用語辞典

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブログ
  • アスペルガー症候群(アスペルガー障害)

    広汎性発達障害の1つ。オーストリアのハンス・アスペルガーが「自閉的精神病質」として初めて報告した。

  • 一斉保育

    カリキュラムに沿い、計画的に行う保育。自由保育とは対照的な保育方法で、教育目標を達成するために、一斉にお遊戯や体操、お絵かきといった活動をさせる。設定保育とも呼ばれる。

  • 咽頭結膜炎(プール熱)

    夏に多くみられるアデノイドウイルスによる風邪。

  • インフルエンザ

    冬にかけて流行することの多いウイルス性の感染症。インフルエンザと診断された園児は「出席停止」となる。

  • エンゼルプラン

    1994年に策定され、1999年には新エンゼルプランが策定される。エンゼルプラン=子育て支援。新エンゼルプラン=子育て支援+少子化対策などに重点をおいた計画。

  • 延長保育

    保育所で、通常の保育時間を延長して子どもを預かる保育サービスのこと。保育所の保育時間は一般的に7時~19時だが、女性就労者の増加や就労形態の多様化に対応するために導入された。事前の協議なしに1日だけ延長保育を依頼できる、「スポット延長」といった制度を備えた保育所もある。