保育士・幼稚園教諭の求人サイト「ほいく畑」 。保育士・幼稚園教諭の派遣、紹介など全面的にバックアップ

  • フリーコール0120-921-871 【受付時間】 8:00~22:00 ※土・日・祝日も受付中!
  • お気に入りリスト
  • 最近見た求人

電話でのお問い合わせ・応募OK!

フリーコール0120-921-871 【受付時間】 8:00~22:00 ※土・日・祝日も受付中!

8:00~22:00 ※土・日・祝日も受付中

お役立ち情報

保育士登録について

保育士として働こうと考えている方は、業務に就く前までに保育士登録をしておく必要があります。 以下、それぞれの資格要件を有する方は、都道府県の備える保育士登録簿に氏名、生年月日その他厚生労働省令で定める事項の登録を受けなければなりません。

  1. (1)厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設を卒業した者
  2. (2)保育士試験に合格した者

こちらでは、法改正によって定められた保育士登録の制度についてご紹介いたします。

保育士登録制度とは

平成13年1月31日に児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、平成15年11月29日から施行されました。この改正により、保育士と名乗って仕事をしたり、自分が保育士の資格をもっていることを証明するためには、新たに都道府県が備える保育士登録簿に登録し、都道府県知事が発行する「保育士証」の交付を受けることが必要となりました。これを保育士登録といいます。

この改正は、保育士資格が詐称され、その社会的信用が損なわれている実態に対処する必要があることや、地域の子育ての中核を担う専門職として保育士の重要 性が高まっていることなどに対応するため、保育士資格を児童福祉施設の任用資格から名称独占資格に改め、併せて守秘義務、登録に関する規定が整備されました。
保育士の資格及び職務が児童福祉法という法律に法定化されるとともに、無資格者が保育士を名乗ることが禁止され、法律に違反した者には罰則が科されることとなりました。

保育士登録の方法

初めて保育士登録申請を行う場合は、以下手続きを行ってください。

  • 「保育士登録の手引き」の入手

    登録事務処理センターにある、「保育士登録の手引き」という書類を入手してください。 郵送を希望される場合は、登録処理事務センターまでお問い合わせください。

    登録事務処理センター

    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5ー53-1
    登録案内専用電話 03-5485-3150(祝日を除く月~金、9時~17時30分)

  • 登録手数料の振り込み

    「保育士登録の手引き」に同封されている専用の払込用紙にて、郵便局の窓口で払込手続きを行います。手数料は4,200円です。その際、郵便局から渡される「郵便振替払受付証明書」は申請書の裏面にのり付けしますので、なくさないようにしてください。

  • 必要書類の郵送

    「保育士登録の手引き」の中に入っている登録申請書に必要事項を記入し、保育士となる資格を証明する書類の原本(※)、ご本人の戸籍抄本(婚姻等により現在の氏名と 保育士(保母)資格証明書の氏名が異なっている場合のみ必要)を用意してください。
    「保育士登録の手引き」に同封されている封筒に上記の書類を入れ、簡易書留で登録事務処理センターに郵送してください。

    (※)以下いずれか1つの書類
     ・保育士(保母)資格証明書
     ・指定保育士養成施設卒業証明書
     ・保育士養成課程修了証明書
     ・保育士試験合格通知書
     ・保育士試験一部科目合格証明書(3年以内の分で、全10科目合格)

  • 保育士証交付

    申請受付~保育士証交付までの期間は、書類の不備や確認を要する事項が無い場合で、おおよそ2ヶ月程度です。

    ※登録は1回のみで、 登録後住所が変わっても変更を申請する必要はありません。 ただし、婚姻等で氏名又は本籍地のある都道府県名が変わった場合は、保育士証の「書換え」(手数料1,600円)を申請する必要があります。

    ※保育士証を紛失又は著しく汚損した場合は、保育士証の再交付が必要です。
    まずは「登録変更等の手引き(保育士証再交付申請用)」を登録事務処理センターより取り寄せください。
    その後、保育士証再交付手数料1,100円をお振り込みの上、保育士証再交付申請書・郵便振替払込受付証明書・お手元の保育士証(紛失以外の場合)を登録事務処理センターへ送付してください。
    申請受付から保育士証再交付までの期間は、書類の不備や確認を要する事項が無い場合で、おおよそ2ヶ月程度です。

保育士登録の期限

現在、保育士として仕事をされている方は速やかに登録を申請してください。登録を受けていない方が「保育士」を名乗った場合は罰せられます。

現在は保育士としての仕事はしていない方は今すぐに登録申請していただく必要はありませんが、保育士資格を使って仕事を始める前には登録が必要です。登録申請をしなくても、指定保育士養成施設の卒業又は保育士試験の合格により取得した「保育士資格を証明する書類」そのものが無効になってしまうわけではありません。登録申請には期限がなく、いつでも申請でき、保育士証の交付が受けられます。

「保育士(保母)資格証明書」の効力について

保育士証は、保育士(保母)資格証明書とは、全く別の証明書です。平成15年11月29日以降は、都道府県に保育士として登録されたことを証する「保育士証」が保育士資格を証明しますので、「保育士(又は保母)資格証明書」では保育士であることを証明できません。

保育士登録に関して詳しい内容を確認されたい方は、登録事務処理センターへお問い合わせください。
登録事務処理センター
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル6階
登録案内専用電話 03-3262-1080
             オペレーター案内:平日 9:00~17:00
             ガイダンス案内:終日
登録案内ホームページ  http://www.hoikushi.jp

スタッフ登録0120-921-871【受付時間】8:00~22:00※土・日も受付しております。ホームページからのお問い合わせはこちら



このページのトップヘ



関連サイト